ライブカメラ


Brooklyn の新しいホテルからの景色

久しぶりにblogを書く気持ちになりました。

去年は元から海外に行かないぞーって決めていたので、コロナで渡航出来なくてもあまり気になりませんでしたが。。

思えば一昨年の秋のニューヨークを最後に1年半以上が経ち、段々とまたどこかへ行きたいなーと思うようになってきました。

どこかへ、、と思いつくのは、まずニューヨーク笑 

ニューヨークに行って、ブラブラするのが好きなので、しょっちゅう思い出してます。

ちょっと旅行気分を味わおうと思い、YouTube でライブカメラあるかな?と検索したら、結構ありました。

気に入ったのは、JAZZがかかって、どんどんカメラが切り替わるチャンネル(^^)

そういえば若い頃は夜中にCNNの天気予報を見るのが好きだった。うまく説明出来ないけど、、私は夜中だけど、世界のどこかは早朝で、世界のどこかはやたら暑くて、やたら寒いところもある。

みたいのを予報で見ながら、空の色や建物、人の肌や髪の色を想像するのが心地良かったんです。

ライブカメラは走る電車や浮かぶ船、リゾート地の海や山の夕焼け、、どんどん動いてるのが見れます。

世界中の景色を見て、建物と植物でどこの地方かな、気候はこんなかな、と何となく分かるものですね。

景観が人に与える影響は絶大だと思いますが、、東京は特に全部が狭いので、細かい部分まで気にする人が多い気がします。

それは、細やかで繊細、とも言えますが。

海外に行きたいなーって漠然と思う気持ちの半分くらいは、開放的なところへ行きたいってことのような気がします。

ちょっと息苦しい時、ありますよね。

今は東京を出ることも難しいので、私は朝方に屋上で大の字に寝転んでます。

視界の景色を空だけにして、聴覚も鳥のさえずりだけにして、早朝は蚊もあまりいないし。心のデトックス♪♪

キレイになってくると、またこんなの作りたいなーって浮かんできます。

でも、早くニューヨーク行きたい、かな(^_^;)


YUU JIBOU

(株)グリーンミントオフィス 代表
1000年残るステンドグラスを作る人になる目標の為に、制作活動と世界のステンドグラスを訪ねる旅を続けている。
心を穏やかにする光とは、、?と自問自答の日々からの想いをブログに記録している。