怖い時はGo Go


前は怖くて心地良かったNYも1番楽で元気でいられる街になりました

最近、何かに書いてあった『怖い時はGo Go』

ほんと、ずっとこれの繰り返しだな!と思いました。

チャンスも人もお金も旅先も引越しも、ぜーんぶ怖い時はGoだと思います。

怖いって感情はちょっとした背伸びだと思うのです。受け取るには自分は少し早いんじゃないか?ビミョーだぞ、のサイン😌

受け取るたびに器を大きくせざるを得ない。その場で足る自分に成長しようとチャレンジです。

自分より少ないと受け取るのは簡単だと思うだろうし、どう背伸びしても無理な物は全く現実感もわかず怖くもないと思うのですよね。

たまに、どう考えても合わない話に飛びついてアドレナリン全開で気持ち良くなっちゃってる人を見かけますが😓

やっぱり上手くいってないどころか痛い目に合ってる気がします🙈

自分がブレちゃう話は分不相応。中庸でいれるギリギリ怖いところがGoなんじゃないでしょうか。

制作の最後の方に、これ以上やるかやらないか、、失敗したら1からやり直し、納期に間に合わない、なんて怖い思いはよくありますね。

メチャメチャドキドキします!!

やるかやらないかのさじ加減は時々ですが、ダラっとやるのが1番ダメですね。

このままいったら上手くいくしーみたいな気持ちになりたくなくて常に新しいデザイン、新しい技術に挑戦しているのかもしれません。

怖くなるところにずっといたい。失敗することも多いけど、何度もチャレンジしていたらいつかは上手くいくか、別の道が見つかるんじゃないか?と思ってます。

怖いと恐れは違いますからね😌😌

シュミレーションすればするほど恐れに変わる事も多いので、、

飛行機が苦手で、いつも堕ちるんじゃないか?とその事ばかり考えるので余計怖いです😭

でも行かないわけにいかない、遠くへ行きたいから乗るしかない。乗ったら開き直るしかない。着いたら帰るまで堪能するしかない。ホテルから出ないなんてイヤだから。

ま、そういうことですね。


YUU JIBOU

(株)グリーンミントオフィス 代表
1000年残るステンドグラスを作る人になる目標の為に、制作活動と世界のステンドグラスを訪ねる旅を続けている。
心を穏やかにする光とは、、?と自問自答の日々からの想いをブログに記録している。