旅好きガラス作家 こんどうゆう 世界のステンドグラス探訪

旅好きガラス作家 こんどうゆう 世界のステンドグラス紹介

世界最古のコンクリート建築の教会

世界最古のコンクリート建築の教会

ステンドグラス フランス ステンドグラス フランス ステンドグラス フランス ステンドグラス フランス ステンドグラス フランス

旅好きガラス作家の こんどう ゆう です。(15年間のステンドグラス旅から写真を紹介しています)

ガラス旅ブログを始めて2年目に突入ー。数少ない動画で撮った教会をご紹介したいと思います(^^)

パリの郊外、ル・ランシーという小さな町の鉄筋の教会。

最古のコンクリート建築と言われていて、オーギュスト・ペレ設計です。

以前、2017年7月に投稿したベルリンのカイザー・ヴェルヘルム教会も鉄筋コンクリートでしたが、

窓枠がコンクリートで細かく分厚く仕切られているので幾何学模様の連続やダルグラスのように重い物に向いていると思います。

サント・シャペルのように地震があったらどうしよう、などと不安にならない。。(地震はヨーロッパでほとんど無く、今まで残っているので大丈夫なのだけど)

ぐるっと360度ステンドグラスで広々空間。そして観光客が皆無。

斜め向かいのガレット屋さんは貴重な建物だと知らなかったくらい(笑)←レンヌで食べたほどではないが、パリで食べるより美味しくてコスパが良い。

ル・ランシーへは郊外へ行く電車に、確か北駅から乗ったと思うのですが。

途中で枝分かれして違う方面に行く電車、特急と鈍行など色々あるみたいなので、ちゃんと調べて乗った方が良いです。

私は結構な距離を行ってから乗り間違いに気づき、戻ろうとしたら、またそれも違い、、とグルグルしてかなりロスしました。

おかげで、パリへ戻ってノートルダムに行く予定の時間も過ぎ、すっかり忘れてラファイエットでトリュフを食べていたら

ノートルダムの前でテロがあったと知らせが、、迷ってラッキーでした。(神様仏様のおかげと感謝)

田舎の小さな町は貧しい地域じゃない限り、安全・平和なので。テロが怖いという方は、穴場スポットの散策をオススメします。

ステンドグラスじゃなくても興味があることが一つでもあったら、オリジナルの想い出いっぱいの旅になると思うので。

旅は、とにかく無事に帰ってくるっていうのが一番大事なことですから、私はステンドグラスを優先するあまり、

主要な観光地に行かないことも結構あります。

是非、皆様も安全で充実した自分らしい旅に行かれて下さい^^

過去の投稿にご興味ある方は、こちらです。

いつも読んで下さってる方は、あぁー見た見た、とか、これは見てないなー、など、、あると思います^^

こんなに続けると思って始めてないので、文章がおかしいこともありますが、、初期の頃に貴重なステンドグラスや写真があります。

見せてもらえない場所も幾つかあり、写真を通してだけど私よりもっと受け取れる方もいらっしゃるかもと思いシェアしてますので、

ステンドグラス作家の方にこそご覧頂きたいです。日本にも素敵で現代的な作品がもっと増えていくと嬉しいです。

今日も読んで下さってありがとうございました。
皆様のハートフルなハッピーライフを願って制作してます。

ガラス作家こんどうゆう http://yukondo.jp
旅好きガラス作家こんどうゆうの世界のステンドグラス探訪 http://glasstabi.com

Author

株式会社グリーンミントオフィス代表取締役こんどうゆう
旅好きガラス作家、薬剤師、レイキヒーラー。
2014年、江戸時代からの宿場町北品川にスタジオ移設。
現代的で明るい作風。国内・海外問わず女性ファンが多い。
よく食べて、よく笑い、よく遊び、よく働く。しかし昼寝も好き。

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんどうゆう, thanks a lot for the article post.Much thanks again. Fantastic.

  2. By TeamCLEO

    こんどうゆう, thank you ever so for you post.Much thanks again.

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

ガラス旅)過去に掲載した記事から

Return Top