旅好きガラス作家 こんどうゆう 世界のステンドグラス探訪

旅好きガラス作家 こんどうゆう 世界のステンドグラス紹介

マンハッタンのガラス壁

マンハッタンのガラス壁

ガラスタイル ニューヨーク ガラスタイル ニューヨーク

旅好きガラス作家の こんどう ゆう です。(15年間のステンドグラス旅から写真を紹介しています)

1年で一番寒いだろう時期にクールな作品をご紹介します。((´д`)) ブルブル…

初めてニューヨークに行ったときに、エンパイアステートビルの屋上に行きまして ♪

夜景など堪能して降りてきましたが、オフィス街なので夜は静かなエリアです。

エレベーターを降りて、誰もいない隣のビルの1階にオシャレなガラスの壁がありました。

憧れのニューヨークにやっと行けて、やっぱりこの街はカッコイイと思った次第です。(So cool !!)

それから5年で7回ほど行ってますが、行くたびに流行りは変わるけど

変わらない物の方が多くて、自由にマイペースに暮らす人々の空気感が大好きです。

日本はモノクロの空間が多くて、それが一見オシャレだって認識されていると思うのですが

海外では意外とモノクロって少ないんですよね。結構、装飾されてます。

ただ、天井の高さや床面積が大きいのでゴチャゴチャして見えないんだと思います。

この作品は色が無くて、色を感じない。すごく厚いので、重いと思うのですが、、

このカッチリした感じがいかにもアメリカの作品だなって今は思います。

表面が擦りガラスくらいで磨きを止めているので、汚れが入ると思うのですが

多分、高圧洗浄機みたいのでシャーってやっちゃうんでしょうねー。

私のガラスタイルは、スタジオ玄関の外に設置して雨ざらしにして4年経とうとしてますが

水垢や汚れでの変質や失透もなく、フュージング用のガラスは焼いてしまえば、従来のガラスタイル用のガラスよりイイ感じです。

ステンドグラスもガラスタイルも簡単に付けはずしが出来ないので、耐久性・メンテナンスのしやすさなど大事だと思います。

あぁ、、今年もニューヨークに行けるように頑張ろうーー!!

今日も読んで下さってありがとうございました。
皆様のハートフルなハッピーライフを願って制作してます。

ガラス作家こんどうゆう http://yukondo.jp
旅好きガラス作家こんどうゆうの世界のステンドグラス探訪 http://glasstabi.com

Author

株式会社グリーンミントオフィス代表取締役こんどうゆう
旅好きガラス作家、薬剤師、レイキヒーラー。
2014年、江戸時代からの宿場町北品川にスタジオ移設。
現代的で明るい作風。国内・海外問わず女性ファンが多い。
よく食べて、よく笑い、よく遊び、よく働く。しかし昼寝も好き。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

ガラス旅)過去に掲載した記事から

Return Top