旅好きガラス作家 こんどうゆう 世界のステンドグラス探訪

旅好きガラス作家 こんどうゆう 世界のステンドグラス紹介

グロスミュンスターのジャコメッティ

グロスミュンスターのジャコメッティ

ステンドグラス スイスこんにちは。旅好きガラス作家のこんどうゆう です。(15年間のステンドグラス旅から写真を1枚ずつ紹介しています)

チューリヒのグロスミュンスターの祭壇を紹介します。

ジャコメッティと言えば手足の長い彫刻で有名な方ですが、その父方の親戚で芸術家のアウグスト・ジャコメッティ作のステンドグラスがあります。

観光の時間じゃないけど、神父さんに聞いたらミサに入れてしまって(もちろん信者じゃなくてステンドグラス見に来ただけって言いました)

後で違う人に怒鳴られました。。が、結局は中を貸し切りで自由に見学させてくれました。

ほんとに怒られるなんてビックリして、英語もほとんど話せないので、説明が伝わったのかどうか謎ですが。

悲しい気持ちの時に、この祭壇のステンドグラスは向こうから日光が入っていて、ビカ―って光って、神様の優しさのように感じました。

どうも、観光の時間は撮影出来ないようでしたが、、それも聞いたら、いいよって言ってくれたので、ちょっとだけ撮らせてもらいました。

ステンドグラスの写真を撮るのは、難しくて。特に直射日光が向かってくる角度は、こんな感じに柄など写りません。。

肉眼ではもっと色が濃くて、絵付けが大胆な印象でした。

午後はチューリヒからケルンまでの長距離移動だったので、少しでもステンドグラスを見れたのは良かったです。

ガラス旅は空振り続きの日もありますが、めげずに行って話すと、協力してくれる方とたまに会えて、言葉は通じなくても何かは通じてると感じる瞬間が結構あって、頑張って勇気出して良かったなぁと思います。

チューリヒはスイスなので物価は高いですが、街並みはスッキリと美しく、空も広くて清々しい街でした。

今日も読んで下さってありがとうございました。
皆様のハートフルなハッピーライフを願って制作してます。
ガラス作家こんどうゆう http://yukondo.jp
Facebookページ http://facebook.com/glasscrossy

Author

株式会社グリーンミントオフィス代表取締役こんどうゆう
旅好きガラス作家、薬剤師、レイキヒーラー。
2014年、江戸時代からの宿場町北品川にスタジオ移設。
現代的で明るい作風。国内・海外問わず女性ファンが多い。
よく食べて、よく笑い、よく遊び、よく働く。しかし昼寝も好き。

ガラス旅)過去に掲載した記事から

Return Top